読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『火花』

文芸誌

前々から読書記録的なブログをやりたいなぁとか思っていたので、とりあえず、はじめてみました。

又吉直樹『火花』(「文學界」2015年2月号)を読みました。
引用とかあるので、ネタバレとかお嫌な方はお気をつけてくださいー。

文學界 2015年 2月号 (文学界)

文學界 2015年 2月号 (文学界)

常にお笑いに対して情熱的が故にエキセントリックなところがある漫才師「あほんだら」の神谷さんと、その神谷さんの魅力にとりつかれ、師と仰ぐようになる漫才師「スパークス」の徳永の物語です。

さて唐突ですが、東京心中というシリーズもののBL漫画があります。テレビ番組の制作会社のアシスタントディレクターとその上司のディレクターとの関係を描いたBLです。主人公のAD宮坂の、上司のDの矢野さんはなによりも映画が大好きです。矢野さんは、映画についての想いをこんな風に語っています。

たとえるなら子供がヒーローに憧れる感じで将来映画になりたかったぐらい好きだ
なんで俺は映画じゃないのか?
または映画はなんで俺じゃないのか不思議に思うぐらい好きだ

もし映画が物質だったらしがみつきたい
しがみついて何度も好きだと言ってなんでもしてやりたいぐらい好きだけど映画は物質じゃない

ならばせめて少しでも映画に近づいてみたくなる
物質じゃないあんな得体の知れないモノのはずなのに

普通映画を見るっていうのはどこか現実じゃない場所から眺めて楽しむだけのものなんだろう
眺めてるだけならちょうどいい現実逃避の空間で楽しいばかりのモノなんだ

でもそこからあこがれを抱いて一歩でも足を踏み込もうものなら
あっという間に現実の泥沼に落ち込むことになる

その泥沼を泳がないと映画には近づけない泥は絡みついて夢を抱いてもがけばもがくほど沈むようになってる

『君も人生棒に振ってみないか?』(『東京心中3 君も人生棒に振ってみないか?』)

君も人生棒に振ってみないか?東京心中(3) (EDGE COMIX)

君も人生棒に振ってみないか?東京心中(3) (EDGE COMIX)

この一連の言葉は、父親が著名な映画監督であるという事にコンプレックスをもつ新人ADの橘に向けて語られる言葉です。本来は、この矢野さんの台詞はもう少し続きます(この後の橘に向けられた言葉も、普段表に出ない宮坂に対する矢野さんの気持ち露わにしているところも凄く良くて、シリーズ中で凄く好きな話なのです)が、『火花』を読んでいてこの件を思い出しました。

徳永も神谷さんもお笑いという形のないものを追い求め続け、“泥沼”の中にいます。

僕は面白い芸人になりたかった。僕が思う面白い芸人とは、どんな状況でも、どんな瞬間でも面白い芸人のことだ。神谷さんは僕と一緒にいる時はいつも面白かったし、一緒に舞台に立った時は、少なくとも、常に面白くあろうとした。神谷さんは、僕の面白いを体現してくれる人だった。神谷さんに憧れ、神谷さんの教えを守り、僕は神谷さんのように若い女性から支持されずとも、男が見て面白いと熱狂するような、そんな芸人になりたかった。言い訳をせず真正面から面白いことを追求する芸人になりたかった。不純物の混ざっていない、純正の面白いでありたかった。
神谷さんが面白いと思うことは、神谷さんが未だ発していない言葉だ。未だ表現していない想像だ。つまりは神谷さんの才能を凌駕したもののみだ。この人は、毎秒おのれの範疇を越えようとして挑み続けている。それを楽しみながらやっているのだから手に負えない。自分の作り上げたものを、平気な顔して屁でも垂れながら、破壊する。その光景は清々しくて美しい。敵わない。

(p.63)

徳永にとっては、神谷さん自体が物質化(人物化?)したお笑いだったのでは? とそのように思えました。(でも、その神谷さんも“泥沼”の中の人で…!)

あと、『火花』は徳永の一人称で書かれていますが、その内容は神谷さんとの関係に終始しています。
その徳永の神谷さんへの(憧れの?)熱量は『こころ』の私と先生や、『銀河鉄道の夜』のジョバンニとカムパネルラのような関係を思い起こさせました。
友情とだけ言い切るには少し重たいような関係。(かと言ってそれ以外の言葉では表現できないような関係でもあります)。
作中のお笑いや表現に対する論にも、湧き立てさせられましたが、それよりもその関係性の描かれ方が愛おしくて、良い青春小説を読んだ! という読後感の方が私は強かったです。

既にとても話題になっているので、いろんな人に読まれてほしいと私が願わなくても、いろんな人に読まれるんだろうなぁと思います。